Kaho Kogure

BIO

小暮香帆 (Kogure Kaho)

ダンサー・振付家
6歳より踊り始める。ダンサーとして笠井叡はじめ多数振付家作品に出演しながら、2012年よりソロ活動を開始。主なソロ作品「ミモザ」(2015)は初演以降、国内外のフェスティバルで再演され続けている。また舞台のみならずミュージシャン、アーティストとのセッション、映画、CM、MV出演、モデルなど活動は多岐にわたる。2012年日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。第2回セッション・ベスト賞、横浜ダンスコレクションR2015コンペディションⅠ奨励賞、第6回エルスール財団新人賞受賞。めぐりめぐるものを大切にして踊っている。

Kaho Kogure born in 1989,is a dancer and choreographer.Her dance embraces “meguru-meguru mono”- everything that comes,goes,and connects one with another.She has performed with number of choreographers and dance groups.She also has joind international tours in Italy,Indonesia,Mexico,and Lithuania.

She has been developing her repertoire as a solo dancer with her first solo work <Namida no kyutai>in 2012,and has created<Haruka Erice>in 2013, <MIMOSA>in 2015 and <Utopia>in 2015.She also participates in a film and collaborates with a number of musicians.She graduated from Japan College of Woman’s Physical Education.She won the 2012 Session Best prize,2015 Yokohama Dance Collection EX2015 competition Rendition 1 Encouragement Prize,New Face Award of Contemporary Dance section from EI SUR Fondation(2017)

photo:Toshiaki Kitaoka